日々食堂

毎日のごはん日記です。
主にダンナに作る弁当を記録しています。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
ABOUT
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
大豆入りひじきの炒め煮
10月22日のお弁当

・大豆入りひじきの炒め煮
・茄子とエリンギのそぼろ味噌炒め
・青大豆としらす入り卵焼き
・いんげんとツナのマスタード和え
・雑穀ごはんのおにぎり

ダンナは午後出勤だったので弁当はなし。
ヨメは今日から古本屋の店員なので、弁当持参。ちなみにダンナはこれがそのままお昼ご飯になっています。

ひじき煮は大豆入りが好き。冷凍しないときは糸こんにゃくを入れたのも好きですが、大抵多めに炊いて冷凍保存するので入れません。今日の具は少なめで、にんじん、ごぼう、油揚げ、大豆。もう少しいろいろ入れると旨いんだがな。

人生のリハビリはそろそろやめて、社会復帰します。そんなわけで、さらに手抜きになる予定(自慢になりません)。
| comments(0) | trackbacks(0) |
さつま芋と鶏肉の治部煮風
10月21日のお弁当

・さつま芋と鶏肉の治部煮風
・しらすとわけぎ入り卵焼き
・ベーコンと高菜の炒めもの
・ほうれん草の胡麻和え
・雑穀ごはん(おかかふりかけ)

さつま芋はどう料理しようかとちょっと考える。甘いのはおかずにならないしなー。治部煮風はオレンジページにレシピが載ってました。ちらっと立ち読んで帰っただけなので、分量とか覚えてないけど確かこんな感じだったうな。つやつやして美味しそうですよ。あ、片栗粉切らしたのに買うの忘れた(二回も買い物に出たあとなので、もうめんどくさい)。
そういや本屋で立ち読みしながらメモとったり、携帯カメラで撮影するのはダメですよ、皆さん。結構いるんだよな、そういうひと。メモとるぐらいなら買いなはれー。

昨日の有機野菜はこんな感じでした。

もりもり有機野菜

置くとこがないので床置きで失礼。小松菜がぴんぴんしてました。夕べはダンナが残業でごはんがいらなかったので使ってないです。今日のお弁当にプチトマトとしらす干しを使った。いつもは大将にもらったちりめんじゃこが活躍しているのですが、今日のところはちょいと休憩。
どっちの料理ショーに使われたとかいう豚肉はまだ食べていません。今夜使おうかと思っていたのだけど、治部煮風が残ってるんだよなー。両方はちょっと、ねえ。
朝みかんを食べようと思ってすっかり忘れていた。ダメダメです。
ともあれ、我が家の冷蔵庫はきちきちぱんぱんです。主に野菜室が。中を動かすと閉まらない(!)。

いや、これは酒まで野菜室に入っているせいかと思われなくもないですが。や、いやいや(後ずさりしつつ)。
| comments(0) | trackbacks(0) |
青梗菜と海老の中華風
10月20日のお弁当

・青梗菜と海老の中華風
・じゃことわけぎ入りだし巻き卵
・ハム巻ききゅうり
・バジルポテト(ソーセージ入り)
・雑穀米の海苔はさみごはん(梅干)

青梗菜と海老は中華風の塩炒めにして、片栗粉でとろみをつけました。ちょっと片栗粉入れすぎたか。本当はにんにくをぱしっと効かせたかったのですが、弁当なのでやめました。残念。
バジルポテトは要するにフライドポテト(ソーセージも一緒に)ですが、パセリ塩ばかりでも芸がないかとバジルにしてみました。意外と旨いかも。酒のつまみとかに(これ弁当だし)。

今朝はうっかり寝坊しました。いや、しょっちゅうなんですが。ダンナが夕べ深夜勤務に出て、帰ってきたのが遅かったので。と言い訳してみますが、まあ要するに起きられなかっただけですね。反省。

そういえば今日は有機野菜が届くのでした。
実家にいた頃は畑があったのでまるで野菜に困ってなかったのですが、いざ離れてみるとスーパーで全部買うのって大変ねえ、と思う日々です。近くの道の駅の100円市が頼みの綱です。泥付新鮮野菜だしねえ。形なんてどうだっていいわけで。
思うところあって、最近少々食に気をつけるようになりまして。ものは試しに頼んでみたのですが、さていかがなものか。
| comments(0) | trackbacks(0) |
さつま芋と豚バラ肉のこっくり煮
10月19日のお弁当

・さつま芋と豚バラ肉のこっくり煮
・ミックスベジタブル入りスクランブルエッグ
・ほうれん草のハム巻き
・ちくわと糸こんにゃくのピリ辛炒め(昨日の残り)
・海苔はさみごはん(のりたま)

さつま芋は1センチぐらいの厚さに切って水にさらす。豚バラ肉(厚めのものか、塊を切る)はひと口大に切り、焦げ目がつくぐらいに焼いたら水と酒を入れて柔らかくなるまで煮る。
肉に火が通ったらさつま芋を入れ、砂糖を入れて芋に火が通るまで煮る。
芋が柔らかくなったら醤油、みりんを入れ、5分ぐらい煮る。火を止めて、味を含ませる。
わたしが作るもんは、たいてい酒が景気よく入っています。一升瓶から入れるせいですが(手抜き)。今使っているのは、お神酒に使った残りの松竹梅。頂き物です。ありがたや。

朝から煮物は時間がかかりますが、まあその間に他のものを作って、洗濯して朝ごはんを食べたのでちょうどよかったです。塊肉のままだともっと旨いかな。どっちかというと煮豚に近いような。水は少なめの方が味が凝縮されていいような気がします。たぶん。なので、煮ている間に他のことをするときはごく弱の火で、がお約束。
以前もさつま芋と豚肉の組み合わせで煮物作っているのですが(芋参照)、これは薄切り肉で、さっと煮たものです。味ももっと薄味で。どっちかというとこっくり煮たほうが美味しいと思います、個人的に。ダイエットには向きませんが(豚の脂!)。
決してル・クルーゼ信者ではないんですが、煮物にはやはり強し。ストウブも1回使ってみたい。あれ、中が鉄なんでしたっけ?
圧力鍋が欲しいのですが、どれにするか決めかねています。
これこれかなーと思っているのですが。いや、ブルーポイントの方がいいのか?んー。どうするかな。
| comments(4) | trackbacks(0) |
鮭入り五目寿司
10月18日のお弁当

・鮭入り五目寿司
・ハンバーグ(冷凍)
・ちくわと糸こんにゃくのピリ辛炒め
・ブロッコリーの茎のおかか炒め
・ハムとパセリ入り卵焼き

鮭を一緒に炊き込んだごはん(鮭にふる塩はゲラントの塩にしてみた。ちょい高級感?)に、ちらし寿司の素を混ぜました。塩鮭ならよかったんですが、生鮭の冷凍したのしかなかったので。なんのことはない、夕べの残り物なんですが。暇がないときはちらし寿司の素は非常に便利ですね。時間があれば自分で混ぜます。かやくは作り置きして冷凍しておくのが常ですが、酢飯用は薄味じゃないといけないからなー。なかなか作らない。というか、本来なら酢蓮にしたりとかするのか?わたしはもっぱら混ぜごはん用かやくで作ります。
本当は、鮭と大葉の混ぜ寿司にしたかったのですが、いかんせん大葉が高かったのでやめました。どうやら今日安売りらしい。あらまあ。

今日はダンナの早朝出勤に合わせて4時(!)起きでした。ねみー。おかずが地味だったので、いくらなんでもと思って急遽冷凍ハンバーグを詰めました。困ったときの冷凍食品。芸はないが。というか、寿司とハンバーグて合わないだろうなあ(と思いつつ、でも入れる)。
明日は残業、明後日は深夜勤。今週一週間はハードスケジュールなダンナですが、わたしの予想によるとたぶん今日は仕事にならなかったと思うので(天候不順につき)、来週またこのスケジュールだと思います。えええー。

早朝出勤の日は朝ごはんも持たせるのですが(食べるより寝たいらしい)、今日はパンを持たせた。余裕があればおにぎりとかサンドイッチとか作るけど、なんだかんだとなかったもので。昨日買っといてよかった。カレーパンと、ダンナの好きなチーズの入ったパン。近所のスーパーに入っているパン屋さんのパンですが、チーズのパンはわてくしも好きです。表面がパリパリしてて、うんまい。
| comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>