日々食堂

毎日のごはん日記です。
主にダンナに作る弁当を記録しています。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
ABOUT
SEARCH
<< 鮭の照り焼き | main | タンドリーチキン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
卵の肉巻き
10月12日のお弁当

・卵の肉巻き(レタスを敷いた)
・かぼちゃのサラダ(きゅうり・ツナ・イタリアンパセリ)
・青梗菜のかりかりじゃこ炒め
・きのこのピリ辛煮
・プチトマト
・海苔はさみごはん(黒胡麻、小梅)

ゆで卵は夕べ作っておいたので、朝肉を巻いて酒、醤油、砂糖で甘辛く煮たもの。ちょっと辛すぎたかも。
牛肉がちょっとだけ余ったので、きのこのピリ辛煮にも入れてみた。そしたらどのおかずにもたんぱく質が入っていて、こりゃちょっとしつこいことに気が付きました。遅いですが。

小梅は実家で漬けたもの。手伝いましたが、これ最初のへた取る時が大変。時間との戦いで。しかも大ざるいっぱいの小梅て!三年分はあるねえ、と母親と話したのを記憶しています。
で、今我が家にはこの小梅と、実家で漬けた普通の大きさの梅干と、伯母さんが漬けた普通の梅干の三種類があります。いや、ふたり暮らしでこんなにいらないって、たぶん。
でもおにぎりは梅干が1番好きです。しばらく食べてないので作ろうかなー。
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
ぴょ (2005/10/12 4:59 PM)
呼んだー?

男子は味付け濃いめなおかずのほうが喜ぶかもしれませんね。ちーさんはどですか。

七さんのご実家の台所に「さざなみ」って細切り塩昆布は常備されてましたか?
実はこれ、生まれ育った関東では見たことがなく、とやまで初めて売ってるのを見て、それ以来欠かさずストックしてあります。おむすび作るときにこれとしらす混ぜ込んでもいいし(ゆかり混ぜてもグー)塩加減と昆布がうまいだ。生産地がたしか四国のほうだったような(家帰って調べてきますわ)

わが家も梅干しは自家製です。夫は紫蘇ばっか食べますが。
七井 (2005/10/12 5:35 PM)
ぴょむねいさーーーーん(むぎゅむぎゅ)
といいますか、熱は下がりましたか?微妙に不安定な季節は体調の変化に要注意ですよ。富山米食べて元気出すべし!

ダンナは濃い目おかず好きですね、たぶん。関東はわりと濃い目なんだっけか?食べ物の趣味が全然違うのですが、基本的に作るひとの特権ですよねえ。おほ。

「さざなみ」て知らないです。旨いんですか!気になる。大阪の親戚がその手の卸業をやっていたので、松葉昆布て言うの?細切り昆布を毎年送ってくれてて、それがそーとー旨かったんですが、もう店やめちゃったんだよなー。うーん残念。なんてとこのかわかんないんですが、ほんとに旨かった。
「さざなみ」この辺のスーパーにあるか明日見てこよう。

わたしは子供の頃梅干の漬け汁をごはんに混ぜて食べてましたよ。そればっかり。









url: http://hibisyoku.jugem.jp/trackback/23